So-net無料ブログ作成
検索選択

スバル インプレッサWRC2003 [スバル]

チョロQ スバル インプレッサWRC2003チョロQ スバル インプレッサWRC2003

インプレッサWRC2003は、最も成功したGDBインプレッサであり、元来備わっているバランスの良さが生かされ、戦闘力の高さとなって現れてました。しかし、この年のトミ・マキネンは、その優位性をなかなか生かすことができず、一勝もあげることなく引退してしまうのでした。

以前発売されたチョロQと異なり、マキネン引退仕様ではなく、通常のマーキングとなっています。似たモデルでも微妙に仕様が異なるよう、製品化における工夫の跡が伺えます。

2003 ラリー・モンテカルロ ~ ラリー・カタルニア : トミ・マキネン / カイ・リンドストローム

チョロQ スバルインプレッサWRCセット Vol.2 インプレッサWRC2003


スバル インプレッサWRC2006 [スバル]

Qステア スバル インプレッサWRC2006Qステア スバル インプレッサWRC2006

量産車のマイナーチェンジに合わせて、WRC2006からデザインが変更されました。量産車と共にWRカーを日本側でデザインすることにより、両者の統一感を高めています。空力を優先してオーバーハングを伸ばしましたが、地面に接触してラジエターに異物を詰まらせる原因となり、信頼性低下の一因となってしまいました。

単なる量産車の塗り替えではなく、WRカー用に新規に金型が起こされています。少し前にモデル化されたチョロQとは異なり、Qステア独自にWRカーが再現されています。ボンネットの開口部は塗装表現ですが、リヤウイングはチョロQのものより実感的な形状に変更されています。

2006 ラリー・モンテカルロ ~ ラリー・GB : ペター・ソルベルグ / フィリップ・ミルズ

Q STEER レーシングセット QSRS-02 インプレッサ&ラリーWRC編 スバル インプレッサWRC2006


スバル インプレッサWRC2005 [スバル]

チョロQ スバル インプレッサWRC2005チョロQ スバル インプレッサWRC2005

ちびっこチョロQ初のラリーカーです。デザインは通常のチョロQをベースにしていますが、ヘッドライトがより実車に近い形状になり、ラジエターやフロント・フェンダーは量産車ではなくWRカーの仕様が再現されています。ヘッドライト周辺の塗り分けや車番の色など、塗装に誤りがあるのはご愛敬です。

2005 ラリー・メキシコ ~ ラリー・オーストラリア : ペター・ソルベルグ / フィリップ・ミルズ

ちびっこチョロQ リアルレーシングコレクションVol.2 スバル インプレッサWRC2005


スバル インプレッサWRX STi spec C [スバル]

チョロQ スバル インプレッサWRX STi spec CチョロQ スバル インプレッサWRX STi spec C

Gr.Nのホモロゲーション取得に必要な年間生産台数に満たなかったため、2004年までは競技用ベースのspec CでPCWRCに参戦することが出来ませんでした。スバルは、限定車の投入などによりspec Cの販売を促進し、2005年から念願のGr.Nのホモロゲーションを取得でき、spec CでPCWRCへの参戦が可能となりました。スバルの強い期待を背負った新井は、2005年にようやく念願のタイトルを獲得するのでした。

ここ最近チョロQの品質低下は非道い状態でしたが、ようやくそれなりの品質に回復してきたようです。ボディーの青色もかなり改善され、実車の色調に近くなってきました。STi別注品ではちゃんと再現されていたフォグカバーが、本チョロQでは再現されていないのは残念です。

2005 ラリー・ニュージーランド ~ ラリー・オーストラリア : 新井敏弘 / トニー・サーカム

チョロQ スバルインプレッサWRCセット Vol.2 インプレッサPCWRC2005


スバル インプレッサWRC2006 [スバル]

チョロQ スバル インプレッサWRC2006チョロQ スバル インプレッサWRC2006

WRC2005で修正したはずのサスペンション設計ミスを、再度WRC2006で発生させてしまい、2006年前半を棒に振ってしまうこととなりました。そのため、スバルはチーム組織の大幅改革を行い、日本側の関与をより大きくしました。シーズン後半になって、ようやくWRC2006に改善の成果が見られるようになりましたが、些細なメカニカル・トラブルに泣かされ、あまり良い成績を挙げることができませんでした。

ほぼ同時期に発売されたインプレッサWRCセットとは逆に、従来より濃い青になってしまいました。従来製品との関連性を考慮せず、その場しのぎで製品化されることがあり、このチョロQもその悪い例の一つです。とはいえ、量産車とは別にWRカー用の金型が起こされており、WRカーらしさを醸し出しています。

2006 ラリー・モンテカルロ ~ ラリー・GB : ペター・ソルベルグ / フィリップ・ミルズ

超リアルサーキットチョロQシリーズ16 スバル インプレッサWRC2006


スバル インプレッサWRC'97 [スバル]

チョロQ スバル インプレッサWRC'97チョロQ スバル インプレッサWRC'97

Gr.Aのベース車を生産していないメーカーへWRC参戦を促すため、1997年よりGr.Aの代替としてWRカーでの参戦が可能となりました。WRカーはGr.A車より大幅な改造が認められているため、スバルはいち早くWRカーでの参戦に切り替えました。初戦モンテカルロでピエロ・リアッティが、次戦スエーデンではケネス・エリクソンが優勝するなど、セカンドドライバー陣が好成績を残しました。コリン・マクレーのドライバーズ・タイトルこそ逃したものの、スバルは3年連続のマニファクチャラーズ・タイトルを獲得したのでした。

コリン・マクレーと言えばスバルのイメージが強いのですが、いままでマクレー車はチョロQ化されていませんでした。最新型だけでなく、ラインナップの穴を埋める旧車が製品化されるのは有り難いです。

1997 ラリー・モンテカルロ : コリン・マクレー / ニッキー・グリスト
1997 ツール・ド・コルス : コリン・マクレー / ニッキー・グリスト
1997 ラリー・ニュージーランド : コリン・マクレー / ニッキー・グリスト
1997 ツール・ド・コルス : コリン・マクレー / ニッキー・グリスト
1997 サンレモ・ラリー : コリン・マクレー / ニッキー・グリスト
1997 RACラリー : コリン・マクレー / ニッキー・グリスト

チョロQ スバルインプレッサWRCセット VOl. 1 インプレッサWRC'97


スバル インプレッサWRC2001 [スバル]

チョロQ スバル インプレッサWRC2001チョロQ スバル インプレッサWRC2001

インプレッサWRC2001より、ベース車両がGDBとなっただけでなく、市販車と外観の相違が大きくなりました。大きな丸目のヘッドライトを持つ市販車に対し、WRカーではカーボンベースの4灯に変更されました。そのため、ラリーの印象で市販車の売り上げ増を図るには不利となり、次のモデルから、市販車とWRカーのデザインを共通化するようになるのでした。

これまでに発売されたインプレッサのチョロQと異なり、なぜか車体の色が明るい青に変更されてしまいました。そのため、従来品と並べると違和感を感じてしまいます。こういう無意味な改悪は勘弁してほしいところです。バンパーは市販車のままですが、屋根上にベンチレーターが追加され、ラリーカーの雰囲気を醸し出しています。

2001 ラリー・モンテカルロ ~ ラリーGB : リチャード・バーンズ / ロバート・レイド

チョロQ スバルインプレッサWRCセット VOl. 1 インプレッサWRC2001


スバル インプレッサWRC2004 [スバル]

チョロモード スバル インプレッサWRC2004チョロモード スバル インプレッサWRC2004

2004年、日本でWRCが初開催されることになりましたが、三菱が参戦を取りやめたため、日本メーカでワークス参戦するのはスバルだけとなってしまいました。地元開催での初優勝を期待されたペター・ソルベルグは、前戦のラリー・ドイツまで不調続きでしたが、重圧をはねのけ、見事期待に応えて優勝を飾るのでした。

本モデルは、音で遠隔操作するチョロモードです。チョロQではモデル化されなかった、ラリー・ジャパン仕様を再現しています。

2004 ラリー・ジャパン : ペター・ソルベルグ / フィリップ・ミルズ

ローソン ドレスアップカーコレクション オリジナル限定チョロモード スバル インプレッサ WRC 2004


スバル インプレッサWRC'99 [スバル]

チョロQ スバル インプレッサWRC'99チョロQ スバル インプレッサWRC'99

1996年からのトヨタWRC参戦休止の煽りを受け、不遇の時代を過ごさざるを得なかったユハ・カンクネンでしたが、1999年にスバルに移籍し、久々に勝ちに行ける環境に恵まれました。既に4度のドライバーズ・タイトルを獲得しているベテランでありながら、しばしば若手顔負けの積極的な攻めを見せ、数年ぶりにWRCで優勝を果たしたのでした。

本モデルは、優勝したラリー・フィンランド等で使用された車を再現しています。この頃に発売されたモデルはナンバープレートまで正確に再現されており、どのラリーに参戦した車か特定可能です。

1999 アクロポリス・ラリー : ユハ・カンクネン / ユハ・レポ
1999 ラリー・フィンランド : ユハ・カンクネン / ユハ・レポ
1999 ラリー・オーストラリア : ユハ・カンクネン / ユハ・レポ

チョロQ大図鑑シリーズ 国際ラリーへの挑戦 スバル編 インプレッサWRC99


スバル インプレッサWRC2004 [スバル]

チョロQ スバル インプレッサWRC2004チョロQ スバル インプレッサWRC2004

グラベルを走行した車は、自ら巻き上げた土が車体に付着し、汚れてしまいます。車を整備する際にまめに洗車していますが、それまでは汚れたまま移動することになります。

本モデルは、土の汚れを再現した珍しいチョロQです。リアリティよりらしさを追求しており、フロントウインドウのワイパー跡はそれらしさを醸し出しています。

2004 ラリー・メキシコ ~ ラリー・オーストラリア : ペター・ソルベルグ / フィリップ・ミルズ

超リアル仕上げチョロQスペシャル スバル インプレッサWRCar 2004 セット スバル インプレッサWRC2004 #1


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。