So-net無料ブログ作成
トヨタ ブログトップ

トヨタ セリカGT-FOUR(ST205) [トヨタ]

チョロQ トヨタ セリカGT-FOUR(ST205)チョロQ トヨタ セリカGT-FOUR(ST205)

ライバルであるランチアの撤退により、トヨタの一強時代となるはずでしたが、当時はまだ中堅チームだったスバルや三菱が着実に実力をつけてきており、トヨタは苦戦を強いられました。その苦しさからレギュレーション違反となる改造を施してしまい、翌年の出場停止という厳しい処分を受けてしまうのでした。

1994 マンタ・ラリー
1994 ラリー・オーストラリア : ユハ・カンクネン / ニッキー・グリスト
1994 RACラリー : ユハ・カンクネン / ニッキー・グリスト
1995 ラリー・モンテカルロ : ディディエ・オリオール / ベルナール・オッチェリ
1995 スウェディッシュ・ラリー : ディディエ・オリオール / ベルナール・オッチェリ
1995 ラリー・ド・ポルトガル : ディディエ・オリオール / ベルナール・オッチェリ
1995 ツール・ド・コルス : ディディエ・オリオール / デニス・ジロウデ
1995 ラリー・ニュージーランド : ディディエ・オリオール / デニス・ジロウデ
1995 ラリー・オーストラリア : ディディエ・オリオール / デニス・ジロウデ
1995 ラリー・カタルニア : ディディエ・オリオール / デニス・ジロウデ

チョロQ HG No.003 セリカWRC


トヨタ セリカGT-FOUR RC(ST185) [トヨタ]

チョロQ トヨタ セリカGT-FOUR RC(ST185)チョロQ トヨタ セリカGT-FOUR RC(ST185)

ラリーへの参戦ベース車をST165からST185に変更した際に、カラーリングも変更されたのですが、このモデルはST165のカラーリングのままです。ST185投入の記者会見の場で登場した可能性はありますが、このカラーリングが実在したかは不明です。

チョロQ HG No.026 セリカGT-FOUR


トヨタ セリカGT-FOUR(ST165) [トヨタ]

チョロQ トヨタ セリカGT-FOUR(ST165)チョロQ トヨタ セリカGT-FOUR(ST165)

1990年に初のドライバーズ・タイトルを獲得したカルロス・サインツは、翌年もその好調を維持し、初戦のラリー・モンテカルロでフランソワ・デルクールの追撃を振り切り、日本車として初のモンテカルロでの優勝を果たすのでした。

1991 ラリー・モンテカルロ : カルロス・サインツ / ルイス・モヤ

チョロQセリカコレクション限定セット ST165ワールド・ラリー1991


トヨタ セリカGT-FOUR RC(ST185) [トヨタ]

チョロQ トヨタ セリカGT-FOUR RC(ST185)チョロQ トヨタ セリカGT-FOUR RC(ST185)

ST185を投入するも、サファリ・ラリー以外はランチアの後塵を拝していたトヨタでしたが、ニュージーランドでの勝利を契機に上向き始め、カルロス・サインツは二度目のドライバーズ・タイトルを獲得するのでした。

1992 ラリー・オブ・ニュージーランド : カルロス・サインツ / ルイス・モヤ

チョロQセリカコレクション限定セット ST185ワールド・ラリー1992


トヨタ セリカGT-FOUR(ST165) [トヨタ]

チョロQ トヨタ セリカGT-FOUR(ST165)チョロQ トヨタ セリカGT-FOUR(ST165)

ラリーでは、プライベーターがワークスと同じデザインの色違いで参戦することがよくあります。ワークスなら赤色の箇所を青くしたこの車は、ポルトガル国内のラリーに参戦した車のようですが、資料が手元にないので詳細は不明です。

1991 Rota Do Sol : J.Santos / .Magalhaes

チョロQセリカコレクション限定セット ST165 ポルトガル・ラリー1991


トヨタ セリカGT-FOUR(ST205) [トヨタ]

チョロQ トヨタ セリカGT-FOUR(ST205)チョロQ トヨタ セリカGT-FOUR(ST205)

セリカST205は、先代ST185より一回り大きく、車幅は3ナンバーサイズとなりました。エンジンのパワー不足に苦しんだトヨタは、パワーを抑えるためにレギュレーションで義務づけられているリストリクターを、バイパスさせるという荒技にでました。この行為が故意のレギュレーション違反と見なされ、翌年出場停止という厳しい処分を受けてしまうのでした。

1994 マンタ・ラリー
1994 ラリー・オーストラリア : ユハ・カンクネン / ニッキー・グリスト
1994 RACラリー : ユハ・カンクネン / ニッキー・グリスト
1995 ラリー・モンテカルロ : ディディエ・オリオール / ベルナール・オッチェリ
1995 スウェディッシュ・ラリー : ディディエ・オリオール / ベルナール・オッチェリ
1995 ラリー・ド・ポルトガル : ディディエ・オリオール / ベルナール・オッチェリ
1995 ツール・ド・コルス : ディディエ・オリオール / デニス・ジロウデ
1995 ラリー・ニュージーランド : ディディエ・オリオール / デニス・ジロウデ
1995 ラリー・オーストラリア : ディディエ・オリオール / デニス・ジロウデ
1995 ラリー・カタルニア : ディディエ・オリオール / デニス・ジロウデ

チョロQ 20周年記念 リニューアル復刻版 No.005 1995トヨタ セリカ


トヨタ スープラ・ターボ(MA70) [トヨタ]

チョロQ トヨタ スープラ・ターボ(MA70)チョロQ トヨタ スープラ・ターボ(MA70)

1986年にヘンリ・トイボネンが競技中に事故死したことにより、Gr.B車は危険と見なされ、翌年からWRCはGr.Aで戦われることになりました。AWDのセリカの投入が間に合わなかったトヨタは、繋ぎとしてFRのスープラで1987年を戦わざるを得ませんでした。セリカが投入された後でも、信頼性の要求されるサファリ・ラリーにおいては、セリカより堅牢なスープラが1989年まで使用され続けました。

ターボ化されたスープラは、リヤ・ウイングも増設されているのが特徴です。

1988 サファリ・ラリー : ビヨルン・ワルデガルド / フレッド・ギャラハー

チョロQ大図鑑シリーズ 国際ラリーへの挑戦 トヨタ編 A70スープラ・ターボ


トヨタ セリカGT-FOUR(ST165) [トヨタ]

チョロQ トヨタ セリカGT-FOUR(ST165)チョロQ トヨタ セリカGT-FOUR(ST165)

トヨタは1988年にAWD車であるST165を投入し、ランチアに対して真っ向勝負を挑めるようになりました。1990年のアクロポリス・ラリーで、カルロス・サインツはWRC初優勝を飾り、その勢いは止まらず、初のドライバーズ・タイトルを獲得しました。当時はラリー毎にカーNo.が決められていましたが、この年のサインツはNo.2となることが多いのでした。

1990 ラリー・モンテカルロ : カルロス・サインツ / ルイス・モヤ
1990 ラリー・ド・ポルトガル : カルロス・サインツ / ルイス・モヤ
1990 ツール・ド・コルス : カルロス・サインツ / ルイス・モヤ
1990 アクロポリス・ラリー : カルロス・サインツ / ルイス・モヤ
1990 ラリー・オブ・ニュージーランド : カルロス・サインツ / ルイス・モヤ
1990 ラリー・オーストラリア : カルロス・サインツ / ルイス・モヤ
1990 ラリー・サンレモ : カルロス・サインツ / ルイス・モヤ
1990 RACラリー : カルロス・サインツ / ルイス・モヤ

チョロQ大図鑑シリーズ 国際ラリーへの挑戦 トヨタ編 ST165セリカGT-Four


トヨタ セリカGT-FOUR RC(ST185) [トヨタ]

チョロQ トヨタ セリカGT-FOUR RC(ST185)チョロQ トヨタ セリカGT-FOUR RC(ST185)

1992年よりベース車をST185に変更したトヨタは、序盤こそサスペンションのセッティングに苦しむものの、熟成が進んだ後半はその性能を発揮し、カルロス・サインツは地元スペインで初勝利し、二度目のドライバーズ・タイトル獲得へ躍進するのでした。

1992 ラリー・エスパーニャ : カルロス・サインツ / ルイス・モヤ

チョロQ大図鑑シリーズ 国際ラリーへの挑戦 トヨタ編 ST185セリカ・ターボ4WD


トヨタ セリカGT-FOUR(ST205) [トヨタ]

チョロQ トヨタ セリカGT-FOUR(ST205)チョロQ トヨタ セリカGT-FOUR(ST205)

トヨタの活動休止で他車より一段と性能の劣るセリカを駆り、ラリー・モンテカルロに参戦したフレディ・ロイクスは、プライベーターでありながらワークスを凌ぐスピードを発揮し、その才能の片鱗を見せたのでした。

プライベーターとしての参戦ながら、車はほぼワークスカーであり、おなじみのカストロールカラーです。

1997 ラリー・モンテカルロ : フレディ・ロイクス / スベン・スミーツ

トイザらス別注 チョロQ カストロール・レーシング・セット セリカST205ラリー


トヨタ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。