So-net無料ブログ作成
検索選択
ミツビシ ブログトップ
前の10件 | -

三菱 ランサーWRC05 [ミツビシ]

Qステア 三菱 ランサーWRC05Qステア 三菱 ランサーWRC05

ヨーロッパ側で開発されたランサーWRCは、量産車と大きく異なったデザインとなってしまったため、開発を日本側に戻したWRC05では、デザインも量産車に近づけるように変更されました。フェンダーをより自然な形に戻すとともに、グリルを意図的にランサー・エボリューションIXに近づけたデザインにしています。

同じQステアのセットに含まれるインプレッサと異なり、こちらは量産車をWRカー風に塗り替えただけです。WRC05はランサー・エボリューションIXと最も近いデザインですが、このQステアはランサー・エボリューションVIIIの塗り替えです。

2005 ラリー・モンテカルロ ~ ラリー・オーストラリア : ハリ・ロバンペラ / リスト・ピエティライネン

Q STEER レーシングセット QSRS-02 インプレッサ&ラリーWRC編 ミツビシ ランサーWRC05タイプ


三菱 ランサー・エボリューションVII [ミツビシ]

チョロQ 三菱 ランサー・エボリューションVIIチョロQ 三菱 ランサー・エボリューションVII

ちびっ子チョロQは通常のチョロQより後に製品化されましたが、なぜか形状が変更されており、むしろ実車のイメージから遠ざかってしまっています。カラーリングも、ラリーカーを正式にモデル化したものではなく、ワークス風のカラーリングとなってます。

2001 サンレモ・ラリー ~ ラリーGB : トミ・マキネン / リスト・マニセンマキ

ちびっこチョロQコレクション セレクションVol3 ランサー・エボリューションVII


三菱 ランサーWRC05 [ミツビシ]

チョロQ 三菱 ランサーWRC05チョロQ 三菱 ランサーWRC05

WRカーの開発をヨーロッパで行うことにしたものの、弊害ばかりが目立ち、結果も出せなかったため、2004年中盤より開発の主体を日本側に取り戻しました。2005年は、ヨーロッパ側の負の遺産を少しづつ精算することができ、そこそこの成績を挙げることができました。しかし、三菱本体の不振のあおりを受け、翌年よりWRCへの参戦を休止してしまうのでした。

単なる市販車モデルの塗り替えではなく、WRカー専用の金型が起こされています。そのため、屋根上のディテールも細かく再現されています。

2005 ラリー・モンテカルロ ~ ラリー・オーストラリア : ハリ・ロバンペラ / リスト・ピエティライネン

超リアルサーキットチョロQシリーズ12 ミツビシ ランサーWRC05


三菱 ランサー・エボリューションWRC(VII) [ミツビシ]

デジQ 三菱 ランサー・エボリューションWRC(VII)デジQ 三菱 ランサー・エボリューションWRC(VII)

本モデルは、チョロQのリモコン版であるデジQです。ヘッドライトの塗装の有無が違いますが、ほとんどチョロQと同じカラーリングです。

2001 サンレモ・ラリー ~ ラリーGB : トミ・マキネン / リスト・マニセンマキ

デジQ DQS-13 ランサー・エボリューションVII WRC


三菱 ランサー・エボリューションVII [ミツビシ]

チョロQ 三菱 ランサー・エボリューションVIIチョロQ 三菱 ランサー・エボリューションVII

国内では三菱とヨコハマタイヤの関係が深く、アドバンカラーが事実上のワークスカラーとなっています。2001年と2002年に、奴田原文雄は全日本ラリーをランサー・エボリューションVIIで戦う傍ら、ニュージーランド・ラリー等に参戦していました。

WRCではボンネットに車番を表記することはなく、全日本ラリーでは車番は赤色なので、どのラリーに参戦した車をモデル化したのか特定できません。コラボによると、ニュージーランド・ラリーではなく、全日本ラリーの参戦車とのことです…

コラボ別注 超リアル仕上げチョロQ ADVAN ランサーエボリューションVII


三菱 ランサー・エボリューションIII [ミツビシ]

チョロQ 三菱 ランサー・エボリューションIIIチョロQ 三菱 ランサー・エボリューションIII

ラリーアート逗子ことタスカ・エンジニアリングからAPRCに参戦した片岡良宏は、2年型落ちのランエボIIIながら善戦し、カローラWRCを駆る藤本吉郎に後一歩のところまで及ぶのでした。

国内では三菱ワークスとしてお馴染みのアドバンカラーです。

1998 ラリー・ニュージーランド : 片岡良宏 / 林哲

超リアル仕上げチョロQ NO.19 アドバンPIAAラリーアート・ランサーEVO III


三菱 ランサー・エボリューションIII [ミツビシ]

チョロQ 三菱 ランサー・エボリューションIIIチョロQ 三菱 ランサー・エボリューションIII

ケネス・エリクソンの離脱により三菱のエース・ドライバーとなったトミ・マキネンは、圧倒的な強さを発揮し、サファリ・ラリーを含む5勝をあげ、初のドライバーズ・タイトルを獲得したのでした。

本モデルはPS2ゲーム チョロQ HGの限定版に付属していたチョロQで、新規に金型を起こすほど気合いの入ったおまけでした。

1995 ツール・ド・コルス : トミ・マキネン / セッポ・ハルヤンネ
1995 ツール・ド・コルス : アンドレア・アギーニ / S・ファルノッカ
1995 ラリー・オーストラリア : ケネス・エリクソン / ステファン・パルマンダー
1995 ラリー・オーストラリア : トミ・マキネン / セッポ・ハルヤンネ
1995 ラリー・カタルニア : トミ・マキネン / セッポ・ハルヤンネ
1996 スエディッシュ・ラリー : トミ・マキネン / セッポ・ハルヤンネ
1996 ラリー・オブ・タイランド : トミ・マキネン / セッポ・ハルヤンネ
1996 ラリー・オブ・タイランド : リチャード・バーンズ / ロバート・レイド
1996 ラリー・インドネシア : トミ・マキネン / セッポ・ハルヤンネ
1996 ラリー・インドネシア : リチャード・バーンズ / ロバート・レイド
1996 アクロポリス・ラリー : トミ・マキネン / セッポ・ハルヤンネ
1996 香港-北京ラリー : リチャード・バーンズ / ロバート・レイド
1996 香港-北京ラリー : アリ・バタネン / ティルバー

超リアル仕上げチョロQ NO.CS-08 ランサーエボリューションIII


三菱 ランサー・エボリューション6.5 [ミツビシ]

チョロQ 三菱 ランサー・エボリューション6.5チョロQ 三菱 ランサー・エボリューション6.5

WRカーに移行するまでの繋ぎとして、三菱はGr.Aのランサー・エボリューションVIで2001年の前半を戦いました。外観がエボVI TME(トミ・マキネン・エディション)をベースとしていたことから、通称エボ6.5と呼ばれていました。WRカーに切り替えるまでに3勝し、最後のワークスGr.Aとして活躍したのでした。

実車はTMEベースですが、このモデルはエボVIのままです。

2001 ラリー・ポルトガル ~ ラリー・ニュージーランド : トミ・マキネン / リスト・マニセンマキ

チョロQ大図鑑シリーズ 国際ラリーへの挑戦 ミツビシ編 ランサー・エボリューションVI


三菱 ランサー・エボリューションVI [ミツビシ]

チョロQ 三菱 ランサー・エボリューションVIチョロQ 三菱 ランサー・エボリューションVI

ライバルがWRカーでの参戦に切り替えるなか、三菱はGr.Aで参戦し続けました。好調なトミ・マキネンを擁していたため、ランサーは実力以上に評価され、空力の性能ダウンを要求されたほどでした。1999年こそ、トミ・マキネンがドライバーズ・タイトル4連覇を果たしたものの、2000年以降はWRカーとの実力差に苦しむことになるのでした。

1999 ラリー・ニュージーランド : トミ・マキネン / リスト・マニセンマキ
1999 ラリー・フィンランド : トミ・マキネン / リスト・マニセンマキ
1999 ラリー・オーストラリア : トミ・マキネン / リスト・マニセンマキ
1999 ラリー・オブ・グレートブリテン : トミ・マキネン / リスト・マニセンマキ
2000 スウェディッシュ・ラリー : トミ・マキネン / リスト・マニセンマキ
2000 ラリー・ニュージーランド : トミ・マキネン / リスト・マニセンマキ

超リアル仕上げチョロQ NO.12 ランサーエボリューションVI WRC


三菱 ランサー・エボリューションWRC(VII) [ミツビシ]

チョロQ 三菱 ランサー・エボリューションWRC(VII)チョロQ 三菱 ランサー・エボリューションWRC(VII)

WRカー登場後も頑なにGr.Aでの参戦にこだわり続けた三菱でしたが、WRカーの急速な性能向上に取り残され、遂に2001年後半よりWRカーでの参戦に切り替えました。しかし、Gr.A車のEvo.6.5と同時に開発を進めざるを得なかったため、WRカーのアドバンテージを生かすどころか、むしろパフォーマンスや信頼性の低下を招いてしまい、良い結果を残すことができませんでした。

モデルは、シーズン初期のEvo.6.5と同様に塗装した展示用車を再現しており、実際にラリーに参戦した車とはバンパーの塗り分けが異なっています。

2001 サンレモ・ラリー ~ ラリーGB : トミ・マキネン / リスト・マニセンマキ

チョロQ大図鑑シリーズ 国際ラリーへの挑戦 ミツビシ編 ランサー・エボリューションVII WRカー・プロトタイプ


前の10件 | - ミツビシ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。