So-net無料ブログ作成
検索選択
ミツビシ ブログトップ
- | 次の10件

三菱 ランサー・エボリューションVIII [ミツビシ]

チョロQ 三菱 ランサー・エボリューションVIIIチョロQ 三菱 ランサー・エボリューションVIII

Gr.Aよりペースの早いWRカー開発に日本側が追いつけなかったため、WRCへの参戦を一時中断し、ヨーロッパ側を主体に車の開発を進めることにしました。しかし、ヨーロッパ側は、日本側の関与を極端に嫌ったため、量産車のデザインや技術が生かされず、デザイン・性能共に劣ったものしか開発できませんでした。

本モデルは、WRカーのカラーリングですが形状は市販車です。

超リアル仕上げチョロQ ランサーエボリューションVIII ラリーアート仕様


三菱 ランサー・エボリューションIII [ミツビシ]

チョロQ 三菱 ランサー・エボリューションIIIチョロQ 三菱 ランサー・エボリューションIII

限られた予算でWRCとAPRCを戦わざるを得なかった三菱は、セカンドドライバーリチャード・バーンズを全てのWRCに参戦させることができず、しばしばGr.N車を2台目としてノミネートしていました。一部のラリーでは、スポット・スポンサーとしてタバコ会社の援助を受け、2台目をエントリーしていました。サンレモ・ラリーでは、バーンズに替わり、トヨタの活動休止により浪人中だったディディエ・オリオールを起用しました。この年、オリオールはスバルからスウェディッシュ・ラリーにスポット参戦しており、日本の三大ワークス全てからラリーに出場しました。

1996 サンレモ・ラリー : ディディエ・オリオール / デニス・ジロウデ
1996 ラリー・カタルニア : リチャード・バーンズ / ロバート・レイド

チョロQ大図鑑シリーズ 国際ラリーへの挑戦 ミツビシ編 ランサー・エボリューションIII


- | 次の10件 ミツビシ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。